浦和レッズ「厳しい経営」で見出す新機軸の実情

浦和レッズ「厳しい経営」で見出す新機軸の実情

熱気あるスタジアムに戻る日はいつになるのか(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

新型コロナウイルスに翻弄された2020年Jリーグも20日に全日程を終えた。J1はご存じの通り、川崎フロンターレが史上最速優勝を達成。2006年以来のタイトル奪回を狙った浦和レッズは10位で終わり、2021年に再起を懸けることになった。

2016年はYBCルヴァンカップ制覇、2017年はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、2018年は天皇杯制覇、2019年はACL準優勝など、近年はビッグタイトルに必ずと言っていいほど絡んできたチームとしては不完全燃焼感が強かったに違いない。

こうした成績とコロナ禍による入場者数の制限や観戦控えが重なって、2020年の平均入場者数は7869人にとどまった。コロナ禍の影響があり単純比較はできないが、2001年の埼玉スタジアム開業以降、2万6000人以上の観客数を集め、2008年のピーク時には平均4万7609人の大観衆が常時入っていたクラブにとって、激減によるダメージはあまりにも大きい。

6月には立花洋一社長が「2019年の入場料収入は23億円だったが、それが半分近くになるのは確実。クラブの決算も10億円近い赤字を計上する見込み」と険しい表情で語っていたほどだ。

■コロナで依然厳しい入場料収入

それから半年が経過し、現実の厳しさは依然として変わらないようだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)