スタンフォードに優秀な研究者が集まる理由

スタンフォードに優秀な研究者が集まる理由

スタンフォード大学のキャンパス風景。新たな発想を生むためには、教員と学生がうまく混ざる場を作る努力が必須です(写真:メソポタミア/PIXTA)

2020年は経済学の現実への応用が日本でも大きく前進した。ノーベル経済学賞を受賞したポール・ミルグロム(主著に『オークション 理論とデザイン』)とロバート・ウィルソンの研究や、彼らが設計したアメリカの電波オークションの仕組みも大いに注目を集めている。経済学の現実への影響力は今後ますます強まるだろう。


この対談では、気鋭の経済学者2人、東京大学の小島武仁氏と大阪大学の安田洋祐氏が、ノーベル経済学賞、近年の日米の経済学界、そして大学のあり方の相違について、縦横無尽に語った。全3回の最終回では、日米の経済学界事情をお届けする(第1回、第2回)。

■マーケットデザイン分野といえば、スタンフォード

安田:ある分野の優秀な研究者が、アメリカの一部の大学に集中する傾向があります。例えば今、経済学のビジネスへの活用が進む中でとくに注目されているマーケットデザインの分野では、世界中の優秀な研究者をスタンフォードが集めている。

小島:ウィルソンやミルグロムの下で育っている学生は多いですね。ちなみに、ミルグロムや、やはりノーベル賞を受賞しているアルヴィン・ロス(2012年受賞)、ベント・ホルムストローム(2016年受賞)は、みんな学生の頃、ウィルソンの指導を受けていた門下生だったりもします。

ウィルソンは、めちゃくちゃいい人なんですよ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)