「インフルエンサー」への信頼感が弱まった理由

「インフルエンサー」への信頼感が弱まった理由

今後キーワードになる「インフルエンサー未満」とはどのような存在でしょうか(写真:Pangaea/PIXTA)

SNSで多数のフォロワーを抱える「インフルエンサー」の影響力に変化が起きているのはなぜなのか、マーケティングアナリストの原田曜平氏がZ世代(ジェネレーションZ)の若者を分析した『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』から一部抜粋・再編集してお届けする。

■インフルエンサーの影響力は本物か

「これからはインフルエンサーマーケティングの時代だ」と言われて久しく経ちます。確かに多くの若者がSNSやYouTubeを見るようになり、これらのメディアで活躍するいわゆるインフルエンサーはフォロワーも多く、マーケティング上、大変重要な存在になっていることは間違いありません。

「Z世代白書2020」の「スマホ広告ネイティブ調査」によると、「SNS投稿のうち参考にしているものをすべて教えてください」という問いに対し、「企業のSNS」25歳以上66.7%、Z世代28.9%、「芸能人のSNS」25歳以上36.4%、Z世代35.5%、「インフルエンサーのSNS」25歳以上33.9%、Z世代35.5%、「一般ユーザー」25歳以上75.8%、Z世代80.3%と回答しており、25歳以上が「企業のSNS」や「芸能人のSNS」を参考にしているのに対し、Z世代は「インフルエンサーのSNS」や「一般人」を参考にしていることがわかります。

しかし、ツイッターもインスタグラムもYouTubeも若者に根付き、企業もこぞってマーケティングにインフルエンサーを活用するようになり、インフルエンサーたちもいわゆる企業案件の投稿が増えたことで、Z世代の間でインフルエンサーに対する信頼感が以前ほど強くなくなってきていることは確かです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)