この時期地味に人気「ガレット・デ・ロワ」の魅力

この時期地味に人気「ガレット・デ・ロワ」の魅力

フランスでは1月に欠かせないパイ菓子「ガレット・デ・ロワ」。日本でもこの時期になると多くの洋菓子店で見かける(写真:amaguma/PIXTA)

毎年この時期になると、さまざまな洋菓子店やパン屋に並びながら、日本で今ひとつブレイクしきっていない洋菓子がある。フランスの伝統洋菓子「ガレット・デ・ロワ」。「王様の菓子」という意味のアーモンドクリームを挟んだシンプルなパイ菓子は、フランスで1月6日のエピファニー(公現節)を祝うのに欠かせない菓子である。

この日は、東方の3人の博士が贈り物を持ってベツレヘムを訪れ、キリストに贈り物を捧げた日とされる。6日あるいは1月中のある日、フランスでは家族や友人たちが集まり、キリスト誕生が公になった日を祝う。ガレット・デ・ロワの中には、「フェーブ」と呼ばれる陶器の小さな人形が1つ仕込まれている。切り分けた際にフェーブが当たった人は、その日「王様」または「王妃様」役となる。

日本ではなぜか派手に取り上げられることはないが、”地味”ながらそのファンは多い。東京・西馬込の洋菓子店「メゾン・ド・プティ・フール」オーナーシェフの西野之朗氏によると、1990年の開業当時からガレット・デ・ロワを売る同店では、毎年の発売を楽しみにし、店に「まだか」と連絡してくる常連客までいる。

1月中旬頃までの販売期間に、毎年合わせて300〜400個が売れ、予約でかなりの部分が埋まるという。「家族が揃っている三が日のうちに食べたい、というお客さんは多いです」と西野氏は話す。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)