米議会突入と香港弾圧、世界が向う「2つの暗黒」

米議会突入と香港弾圧、世界が向う「2つの暗黒」

トランプ支持者が突入し、中断したアメリカ議会の上下両院合同会議(写真:AP/アフロ)

1月7日、今日も朝から新型コロナウイルス関連のニュースがあふれかえっているのだろうとテレビをつけると、目に入ってきたのは議会の議場に暴徒が乱入している映像だった。

どこかの新興国で国民の不満が爆発し、暴動が起きたのだろうと目を凝らすと、見慣れた星条旗が目に入ってきた。さらに場面が変わり、アメリカ連邦議会の議事堂正面のバルコニーが映し出された。1月20日に、バイデン新大統領の就任式が行われる予定の場所だが、ここも群衆であふれかえっていた。

暴徒らは議会内を我が物顔で闊歩し、中には民主党のナンシー・ペロシ下院議長の執務室に入り込んで椅子に座った姿をネットに流す者もいた。警官らが議場に入ろうとする暴徒に銃口を向ける。重武装した州兵が突入し、議会内を制圧する。催涙ガスも噴射された。この間、議会内に銃が発射される音が響いた。

この事件で警備にあたった警察官1人を含む5人が死亡したという。

■トランプ氏があおった議会突入

群衆に議会への突入を呼び掛けたのはほかでもないトランプ大統領だった。本人がどこまで意図していたかはともかく、結果的にはトランプ大統領が権力維持のために群衆をあおり、次期大統領を最終決定するための議会の手続きを暴力で阻止しようとしたに等しい。これはもうクーデターと言ってもいい事件である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)