土壇場で「中学受験から撤退」決断した子の苦境

土壇場で「中学受験から撤退」決断した子の苦境

佐倉のこの問いかけに、黒木は――

多くの親子が「男女御三家」をはじめ、いわゆるトップ校合格を夢見て塾通いをスタートするというイメージのある中学受験。

それらに合格するどころか、第一志望に受からずに受験を終える親子が7割にも上るという。しかし数字だけではわからない下位クラスの実情はーー?

多くの家庭が小3(新小4)の2月に大手塾に入塾し、そこから丸3年を受験勉強に捧げるが、そこで突きつけられるのは、学力、体力、精神力、そして親子関係、カネの問題――。

中学受験に挑もうとする親子が知っておくべき、その実態とは?

東京・吉祥寺にある中堅の中学受験塾「桜花ゼミナール」を舞台に、中学受験の実情を克明に描き出した漫画『二月の勝者 ―絶対合格の教室―』(小学館)より、抜粋してご紹介します。

■三月の撤退

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)