中国のゲーム会社CEOが「毒殺」驚きの事件内情

中国のゲーム会社CEOが「毒殺」驚きの事件内情

中国のゲーム会社CEO毒殺か

中国のゲーム会社CEOが「毒殺」驚きの事件内情

毒殺とみられる形でこの世を去った林奇氏(写真:財新編集部)

日本でも話題になった中国のSF小説「三体」。そのテレビドラマ版をネットフリックスと共同で製作する予定だった中国側のパートナー企業創業者が毒殺とみられる形で、2020年12月25日にこの世を去った。この不可解な事件の背景には大ヒットIP「三体」を巡る確執が見え隠れし、さらには相続権を持つと主張する謎の遺族が登場する遺産争奪戦にも発展。中国全土で注目を集めている。

遊族網絡(編集注:Yoozooグループ、中国のゲーム開発企業でグループ会社が「三体」の全世界での著作権を所有する)の創業者・林奇(リン・チー)氏が毒殺された事件の謎が徐々に解明され始めており、浮上してきたさまざまな内情は驚くべきものであった。

財新記者は林奇氏に近い複数の関係者から少しずつ、事件の経緯を聞き出すことができた。林奇氏の体内からは複数の毒素が検出されている。また、この事件による遊族網絡の被害者は合わせて3人おり、他の2人の被害者は死に至っていない。

2020年12月25日、林奇氏は毒殺とみられる形で不幸にもこの世を去った。上海警察がこれまでに発表している情報によれば、林奇氏は故意に毒殺されたもので、この重大事件の容疑者となっているのは許という人物である。

■容疑者は常時複数の毒薬を所持

本名は許?(シュー・ヤオ)、今年で40歳。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)