ハイテク都市「深?」、オフィス空室率3割の事情

ハイテク都市「深?」、オフィス空室率3割の事情

広東省深?市では新築オフィスビルの大量供給が続いている(写真はイメージ)

ハイテク企業の集積地として知られる中国の深?市では、近年、新築オフィスビルの大量供給が続いている。このため空室率が高止まりし、賃料相場が下がり続けている。不動産サービス大手のサヴィルズが1月7日に発表したリポートによれば、2020年10〜12月期のAクラスオフィスビルの賃料指数は前年同期比6.3%下落した。

同じく2020年10〜12月期のオフィスビルの空室率は27.9%と、前年同期より2.9ポイント上昇した。深?市は中国の4大都市(北京、上海、広州、深?)の中で最も空室率が高い状況となっている。

2020年10〜12月期に新規供給されたAクラスオフィスビルの面積は18万平方メートル。2020年の通年の新規供給面積は105万平方メートルに上った。2020年末の時点で、深?市のAクラスオフィスビルの総面積は830万6000平方メートルに達している。

■オフィスと住宅で譲渡価格が真逆の動き

新築オフィスビルの大量供給は今年も続く。2020年初に中国国内で新型コロナウイルスが流行した影響で、一部の新築ビルの供給開始が延期されたためだ。サヴィルズのリポートによれば、2021年には深?市内で合計135万9000平方メートルのAクラスオフィスビルが供給される予定だ。

その結果、2021年は空室率がさらに上昇するのは確実だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)