「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由

「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由

松方弘樹さん(左)が出演した『仁義なき戦い』の一場面(写真:(C)東映/時事通信)

1960年代後半、元東映名誉会長で当時映画プロデューサーであった岡田茂氏が逆境にあえぐ東映を救うために実行した「秘策」とは? 作家の早見俊氏による『人生! 逆転図鑑』より一部抜粋・再構成してお届けします。

1964年、日本は東京オリンピックに沸いていました。戦後19年、経済大国として復興を遂げた日本を象徴するこの年、東映は前年比13億円の減収を計上したのです。日本経済が復興するに従い、東映ばかりか娯楽の王座にあった映画界が凋落していました。

■ピークから「7億人も観客減らした」映画業界

国民の生活は豊かになり、レジャーが多様化します。加えてテレビの普及が、人々の足を映画館から遠ざけていったのです。東京オリンピックを家で観戦しようと、テレビは1000万台を超えました。対して、映画館の観客動員数は1958年の約11億2000万人をピークに急減し、この年には4億人を切りました。

娯楽の王座映画にあっても、東映の時代劇はひときわ大勢のファンを獲得していました。片岡千恵蔵、市川右太衛門、中村錦之助、大川橋蔵といったスターが、きらびやかな衣装で剣を振るい、悪党を退治する。美しいお姫さまと恋に落ち、お姫さまの窮地を助ける。人々は銀幕のスターの大活躍に胸を躍らせました。

東映は前身・東横映画の撮影所長だったマキノ光雄が唱える「泣く、笑う、握る(手に汗)」の3要素を盛り込み、家族そろって楽しめる映画というコンセプトで、時代劇を制作してきました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)