自社も競合も丸裸にする「利益」の深堀り分析術

自社も競合も丸裸にする「利益」の深堀り分析術

損益計算書を深堀りして分析する方法を解説します(写真:freeangle/PIXTA)

自分の会社がいくら儲かっているか、競合他社が実際、どのくらい儲けているか、自分の会社とどのくらい差があるか、ご存じでしょうか。会社や事業の利益や損は、アカウンティング(会計)における「損益計算書」を見れば一目瞭然で、これをキチンと見ること・活用することが、ビジネスの成功や利益の向上につながります。ビジネスパーソンであれば知っておいたほうがよい基本を、西山茂・早稲田大学MBA教授の新著『MBAのアカウンティングが10時間でざっと学べる』を一部抜粋・再構成してお届けします。

■損益計算書に出てくる5つの利益

損益計算書は、企業の一定期間における「利益」をベースにした活動報告書です。通常、顧客に商品や製品を提供した金額である「売上高」から始まり、費用などを差し引いたりしながら、5つの利益を集計していきます。

5つの利益とは、@売上総利益、A営業利益、B経常利益、C税金等調整前当期純利益、D当期純利益のことです。

損益計算書の最初に出てくる「売上高の大きさ」とその「伸び」は、企業を見る場合の重要なポイントです。売上高の大きさは、「顧客にどの程度販売できているか」という意味での企業規模を表していて、業界内のシェアにも関係し、強みの1つにもなります。

企業の成長は、売上高の伸びをもとに見ることが多く、売上高成長率を市場全体や同業他社の成長率と比較することで「シェアが維持できているか」「他社との販売競争に負けていないか」を確認できます。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)