日本はマシ?「コロナ規制で暴徒増」欧州の混迷

日本はマシ?「コロナ規制で暴徒増」欧州の混迷

暴徒化したデモ参加者に壊されたオランダのファーストフード店の窓ガラス(写真:AP/アフロ)

新型コロナウイルスの感染拡大に追い打ちをかける英国や南アフリカ発の感染力の強い変異種が猛威を振るう欧州。ワクチン接種の遅れもあり、経済回復にも暗雲が立ち込めている。

人口100人当たりのワクチン接種回数は、アメリカの10.6回、イギリスの16.1回に比べ、欧州連合(EU)域内では、スペイン3.9回、イタリアが3.7回、ドイツ3.4回、フランス2.8回(Our World in Dataより、2月3日時点)と少ない。

世界に先駆けて接種段階に入ったアメリカのファイザー社とドイツのバイオンテックの共同開発したワクチンだけでなく、イギリスのアストラゼネカをはじめ、アメリカのモデルナが開発したワクチンなどのEU供給は大幅に遅れている。EU域内で製造されるワクチンがEU域外に供給されていることにいら立ったEUは輸出規制を打ち出した。

■先進国の中でも経済の落ち込みが大きい

EU経済はコロナ感染拡大を抑え込めず、ワクチン接種の遅延もあり、今年の力強い経済回復が予想される米中に大きく後れを取りそうだ。EU統計局(ユーロスタット)が発表した2020年10〜12月期のユーロ圏のGDP(速報値)は、前期比0.7%減、2020年通年では6.8%縮小した。

一方、アメリカは通年で3.5%減にとどまり、中国は通年で約2.3%のプラス成長を確保した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)