野球界が今になって「指導者資格」導入の危機感

野球界が今になって「指導者資格」導入の危機感

歴史ある日本野球が指導者資格の導入に至った背景には何があるのか(写真:タッチ / PIXTA)

東京六大学野球は明治時代発祥の「早慶戦」の流れをくむ日本最古の大学リーグだ。プロ野球ができる前は、日本のトップリーグとして野球界をリードしてきた。今もアマチュア野球の最高峰の1つだ。

この東京六大学の法政大学で、1966年から1969年まで投手として活躍した山中正竹氏は歴代最多の48勝13敗の記録を残した(2位は同じ法政大の江川卓の47勝12敗)。大学の1年先輩には田淵幸一(阪神、西武)、山本浩二(広島)、同期には江本孟紀(東映、南海、阪神)などのスター選手がいる。

山中氏は大学卒業後は社会人野球の住友金属でプレー。引退後は住友金属監督、ソウル、バルセロナオリンピック野球日本代表監督、法政大学監督(工学部教授)などを歴任。2016年には野球殿堂に選出された。2018年には日本のアマチュア野球の統括団体である全日本野球協会(BFJ)の会長に就任した。

2020年11月、BFJはU12世代の指導者を対象とした「U-12指導者資格コース」を設けることを発表した。記者会見の席上で山中氏は「日々、研鑽を積まれている指導者がいる一方で、自らの経験から前時代的な指導を続けている人もいる。今の時代に即した指導のスタンダードを示したい。所属団体が変わっても、長期的な一貫した指導方針を示している」と導入の主旨を語った。その表情には野球改革へ向けた山中氏の強い決意が見て取れた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)