元製薬会社MRが造る「金賞受賞ワイン」の本質

元製薬会社MRが造る「金賞受賞ワイン」の本質

世界的に影響力のあるイギリスのワインコンペで金賞を受賞した赤ワインを造る、北海道仁木町の「NIKI Hills(ニキヒルズ)ワイナリー」。その醸造の秘密に迫ります(写真:NIKI Hillsワイナリー提供)

日本ワインブームと言われて久しい。いや、もうブームではなく、フランスやイタリアと同じように「日本」もワイン産地として定着したといえる。

実際、ワイナリー数は2008年の196から2018年には395と急増、今年末には500に達しそうだ。ワインツーリズムというワイナリー訪問を核にした大人の旅も一般化した。ワインジャーナリストとして長年取材してきた私からすると、現在の状況には隔世の感がある。

新規ワイナリーの大半が、「ブドウを育て自分のワインを造りたい」といった個人が始めた小規模なものだ。それがここ数年、資本力のある企業のワイン産業参入が始まっている。これも日本ワインが定着した証しと言えるだろう。

今回は、その先駆けとなったワイナリーを紹介しよう。広告業を柱とするDACグループが2016年、北海道の仁木町に創業した同町初のワイナリー「NIKI Hills(ニキヒルズ)ワイナリー」だ。

■余市に出遅れた仁木のワイナリーの出発点

隣の余市町は、すでに13のワイナリーがあり日本ワインブームの台風の目のような町だ。ともに北のフルーツ王国と呼ばれ栽培環境にそれほど差がないのに仁木町は一歩出遅れた感がある。DACは、仁木の旭台の丘に農業の再生、地域活性化を掲げ、自然に親しみ宿泊もできるワインを核とした複合型ワイナリー「ニキヒルズ」を起こした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)