コロナで激変、「60歳退職」目指す人の落とし穴

コロナで激変、「60歳退職」目指す人の落とし穴

「定年になったら働かず、のんびりと暮らしたい」。そう考えている人は多い。だが、本当に幸せになれる?まずは「老後の家計」を診断してみよう(写真:Fast &Slow/PIXTA)

コロナ禍の生活が長くなるにつれ、ライフプランの変更が頭をよぎるという方も少なくありません。先日、筆者のもとにご相談にいらっしゃった58歳の男性もそうでした。

仮にAさんとしましょう。そろそろ定年という年齢ですが、勤め先には再雇用制度があり、65歳までは現在の仕事を続けることができる環境です。Aさんも当然のように「働けるだけ働こう」という気持ちでしたが、「最近、働こうという気持ちがぷつんと切れた気がする」とおっしゃるのです。

Aさんの勤め先もテレワークを導入し、通勤からの解放に最初は喜んだものの、徐々に違和感が大きくなったそうです。同僚とのコミュニケーション、仕事のやり方、社内の評価基準など、さまざまな変化があり、これまでのような達成感や高揚感、会社組織としての一体感などを感じることができなくなったのだそうです。

「退職金があるし、年金も繰り上げて早々に隠居生活に入りたいが、家計は大丈夫なのか?」

Aさんのご相談にどうお答えしたのか、お話ししましょう。

■年金を60歳から繰り上げ受給するデメリット

まず、Aさんのねんきん定期便を見ながら、60歳から年金生活をした場合のキャッシュフローについてご説明しました。Aさんは、なるほどとうなずきながらも、思っていた以上に厳しい家計状況に渋い顔をされます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)