ロケで事故「芸能人の労働環境」は改善できるか

ロケで事故「芸能人の労働環境」は改善できるか

保険適用でどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?(写真:gnepphoto /PIXTA)

2021年4月から、柔道整復師、アニメーターと並び、芸能人にも労災保険が適用されるという労災保険法の改正が行われました。

芸能人は、バンジージャンプなど、番組内での過酷なロケなどで負傷するケースも少なくありません。労災保険に加入をしていると、労災による傷病が発生した際、以下のような多様な補償を受けることができます。

@療養補償(3割負担なく、無料で治療が受けられる)
A休業補償(職場復帰できるまで、日数無制限で所得補償が受けられる)
B傷害補償(労災により障害が残った場合、程度に応じ年金や一時金が受けられる)
C遺族補償(労災により死亡した場合、遺族に対して年金や一時金が支給される)
D介護保障(労災により介護が必要になった場合、介護費用の給付が受けられる)

芸能人は個人事業主であり、労災保険は原則として適用されないというのがこれまでの考え方でした。しかし、実態としては労働者に近い立場で活動をしている芸能人も多く、芸能人がケガや病気をした際のセーフティーネットの整備が求められていました。

今回の労災保険法の改正により、そのセーフティーネットが導入されることとなったわけですが、本稿では、芸能人が労災保険に加入することで得られるメリットと、加入時の注意点について説明します。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)