オリラジ藤森が選んだ「くっついていく」生き方

オリラジ藤森が選んだ「くっついていく」生き方

昨年末に吉本興業を退所した藤森さん

昨年末、オリエンタルラジオが吉本興業を退所するというニュースが世間を驚かせました。
中田敦彦さんは前々から「シンガポール移住」を公言していたため、既定路線と捉える人が多かった一方で、相方の藤森慎吾さんが共に独立という選択をしたことは、驚きをもって伝えられました。

藤森さんの初の著書『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』では、自身の半生、人生哲学、そして相方・あっちゃんへの思いがつづられています。本稿は同書から一部を抜粋しお届けします。

■いつだって「そこそこ」の人生

鬼教官のシゴキは……じゃなかった、あっちゃんとの厳しいお笑いの稽古は、もちろんその夜だけでは終わらなかった。あっちゃんは本気だ。いや、ぼくだってぼくなりに本気だし、やると宣言したからにはついていくつもりだった。というか、すでにノーと言える雰囲気なんかじゃない。来る日も来る日も稽古に明け暮れた。

あっちゃんは、もう単なる友だちというのではない。「相方」ってやつである。

こんなぼくと一緒になって、あっちゃんはお笑いの道を目指してくれている。ありがたく思わなくちゃいけない。が、ツッコめどもツッコめどもうまくいかず、怒られっぱなし。そこまで言うか?というほどダメ出しをされた。

つらい……。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)