頭の良さより「共感力」で人生が決まる納得理由

頭の良さより「共感力」で人生が決まる納得理由

「共感力」こそがいまのリーダーには求められています(写真:mits/PIXTA)

日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。

たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。

その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち12万部を突破するベストセラーになっている。

コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「一流の人ほど『共感力の魔術師』である納得理由」について解説する。

■芋づる式にあぶり出された「日本のリーダーの質」

女性蔑視問題で世界の非難を浴びた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任しました。

最後の会見でも自らの実績を並べ立て、恨み節で締めくくり、決して往生際がいい態度とは言えませんでした。

この騒動の過程で、火に油を注いだのが、彼を擁護するかのような政財界のリーダーの発言。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)