「コロナが不安」と思う人に知ってほしい解消法

「コロナが不安」と思う人に知ってほしい解消法

コロナ禍の不安生き抜く方法

「コロナが不安」と思う人に知ってほしい解消法

不安にさいなまれてしまっている人のために(写真:Claudia/PIXTA)

二度目の緊急事態宣言が延長され、先の見通しが立たないコロナ禍の時代が続く。仕事や生活の環境が激変して、生きづらさを感じている人は多い。昨年、自ら命を絶った人は、2万919人。11年ぶりに自殺者が増加した要因として、新型コロナウイルスの影響が指摘されている。

WHO(世界保健機関)によれば、基礎疾患がある人は、新型コロナに感染すると重症化するリスクが高いことがわかっているが、中でも、がん患者の死亡率は、一般の人よりも5倍高いという報告もある。

がんとコロナという、命を脅かす2つの問題を抱える患者と向き合う、精神科医の清水研さん(がん研有明病院・腫瘍精神科部長)に、コロナ禍の不安を生き抜くヒントを聞いた。

■二重苦に直面する患者たち

がん研有明病院(東京・江東区)はベッド数686床、国内トップクラスの手術件数を誇り、ほかの病院で治療が難しいケースなども対応する、がん診療の最後の砦ともいえる。同病院にとって、感染症は専門外だが、去年12月に、約40床の病棟を新型コロナ専用にした。それほど東京都内では、新型コロナ対応の病床不足が深刻化していたのである。

──新型コロナへの対応が最優先になり、その弊害が生じていますか。

がんは検診によって早期発見、早期治療することが大原則ですが、これが大きく揺らいでいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)