初期投資40万円でも成功したラーメン屋の秘密

初期投資40万円でも成功したラーメン屋の秘密

初期投資費用「40万円」のラーメン店が成功した理由とは?(写真:川西麺業Twitterより)

「開業資金は最低1000万円」「1日100杯売れないと厳しい」と言われるラーメン業界。そんな厳しい環境下、初期投資40万円、店の設備はカセットコンロ2つと、家庭用IHヒーターという異色のラーメン店がある。そこではいったい、どんなラーメンが出されるのか? そして今もファンを増やし続ける理由とは?

作家で経営コンサルタントのえらいてんちょう氏による『しょぼい起業で生きていく 持続発展編』より一部抜粋・再構成してお届けする。

今や国民食となったラーメンは、全国あらゆる場所で営まれる人気の商売です。ただ一般的には、リスクも大きい業態とされています。

「ラーメン店開業」で検索すると、ヒットするのは「開業資金は最低1000万円」「ガス代だけで月10万円が消える」「1日100杯売れないと厳しい」といったハードな情報ばかり。「3年以内に7割が廃業」という調査結果(FoodistMedia)まであり、生半可な夢を打ち砕くには十分すぎる内容となっています。

■わずか「40万円の投資」で成功したラーメン店

しかし、こうした常識がすべてなのでしょうか。大阪府に接する兵庫県川西市の玄関口・川西能勢口駅から徒歩1分というロケーションで2019年8月にオープンした「川西麺業」は、しょぼい起業のコンセプトを採り入れ、おそらく日本最少レベルと思われる「40万円」の投資でラーメン店を開業。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)