ビジネスマンにも売れている「占い本」の中身

ビジネスマンにも売れている「占い本」の中身

『「風の時代」に自分を最適化する方法』が異例のヒットとなっている著者のyujiさん(撮影:尾形 文繁)

「占い」を客観的な視点でさまざまな角度から検証する本連載。今回は、昨年11月に発売されてから、瞬く間に7刷まで重版し、異例のヒットとなっている書籍『「風の時代」に自分を最適化する方法』を取り上げたい。星占い関連の本でありながらビジネスマンにも多く手に取られているという本の筆者は、yujiさんだ。

もともとプロダクトデザイナーだったという同氏は、見た目も占い師というより、ファッションやデザイン関係者を思わせる。そんなyujiさんが自らが「星読み」と呼ぶ仕事に転じたのはなぜだろうか。そして「新たな時代」にビジネスピープルが備えておくべきことはなんだろうか。

■占星術界では大きな時代の変わり目

yujiさんの著書にのみならず、ここのところよく「風の時代」という言葉を耳にしないだろうか。西洋占星術によると2020年12月、天体の配置が大きく変わり、220年ぶりにそれまでの「土の時代」から、「風の時代」に変わり、これを女性誌中心に多くのメディアが取り上げているのだ。

占星術の考え方によると、時代は約200年ごとに「水」「火」「地」「風」に変わるという。が、時代が変わるということは占星術では何を意味するのだろうか。

「私たちは毎日、朝が来て夜を迎える宇宙のめぐりの中で生きています。四季もめぐりですよね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)