日本にも存在する?中国の「秘密結社」の正体

日本にも存在する?中国の「秘密結社」の正体

バンクーバーにある洪門の施設(写真:安田氏撮影)

中国の秘密結社が世界各地で暗躍している事実はあまり知られていません。さまざまな謎につつまれている中国の秘密結社はどのような存在なのでしょうか。そして彼らは、いかなる役割を果たしているのでしょうか。『現代中国の秘密結社』を上梓したルポライターの安田峰俊氏にインタビューしました。

――そもそも、なぜ秘密結社に興味を持ったのですか?

大学の専攻が中国史で、大学2年生の夏から、中国の華南地域に位置する広東省・深?に留学しました。中国史というと、一般的には史記や三国志などの世界を想像される方が多いと思います。でも、広東省は歴史や文化の面でも、日本で一般的に想像されがちな中国史のイメージとは全然違っていました。

中国は人口の大部分を占める漢民族と、55の少数民族で構成されています。また、漢民族のなかでも方言の差異は非常に大きい。例えば、中国では「普通話」と呼ばれる公用語が全国各地で話されていますが、2001年当時の深?では(広東省中心部の方言である)「広東語」が大学構内でも共通の言語として飛び交っていました。さらには、潮州語や客家語など広東語以外のさまざまな方言も耳にし、漢民族と少数民族のボーダーラインはいったいどこにあるのか、興味を持つようになりました。

■秘密結社は拠り所がない人たちが集まる

華南地域は、北京を中心にした漢民族の世界とは明らかに異質です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)