惜しい!「伝え方が残念」で人生損する人の盲点

惜しい!「伝え方が残念」で人生損する人の盲点

どんなにいいことを言っても、「伝え方」を間違えると道化になってしまいかねません(画像:Elnur/PIXTA)

「社会人になってから長い間『暗黒時代』が続きました。そこから抜け出せたのは、『生きる知恵としてのマーケティング』のおかげです」

数々のグローバル企業でマーケターとして活躍している井上大輔氏は、自らの経験を振り返って語る。

「マーケティングのエッセンスを『生きる知恵』として人生に活かせば、仕事・キャリア・プライベートのすべてで『求められる人』になれると気づいたんです」

そんな「生きる知恵」を解説する書籍『マーケターのように生きろ:「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』を上梓した井上氏に、あらゆるコミュニケーションにおいて参考になるマーケティングの英知を解説してもらった。

■「愛の告白」を考えるのにどれだけ時間をかけたか?

「夏目漱石が『I love you』を『月が綺麗ですね』と訳した」――SNSで定期的に話題となり、その度に大きな反響を集めている有名な話ですが、そういう事実はないそうです。ただ、誰が言い出したかは別として、この逸話は現代の日本人に広く受け入れられています。

たしかに、この言葉は日本人の感性をとてもよく表現しています。好きな人に「愛してる」なんて、私たち日本人はなかなか言えたものではありません。「奥手」であることの後ろめたさを肯定してくれる感覚と、何よりそんな繊細な感性への共感が、この逸話が支持され続ける理由なのではないでしょうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)