惜しい!「伝え方が残念」で人生損する人の盲点



さて、記事を読み始めたばかりで恐縮ですが、ここで一呼吸ついて、あなたが初めて「愛の告白」をしようとしたときのことを思い出してみてください。

相手は誰でしたか? その人とは今もSNSでつながっていたりするでしょうか? どんな伝え方をしましたか? それを考えるのに、どれくらいの時間をかけましたか? 何日も何日も思い悩んだあげく、結局何も伝えられなかった。そんな人だっているかもしれません。実は私もその1人です。

人はなぜ、これほど時間をかけて「愛の告白」を考えるのでしょうか。それは、その気持ちを「どう伝えるか」が、その後の人生を大きく変えるとわかっているからです。好きではなかったけど、想いを打ち明けられて交際を始めた。それが今のパートナーだ。そうした例は、私の知り合いだけでも数えきれないくらいあります。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)