ますます強まりを見せる米国の親台湾路線

ますます強まりを見せる米国の親台湾路線

(bodrumsurf/Hung_Chung_Chih/fenlio/GlobalP/iStock)

台湾の蔡英文総統は、8月12日から20日にかけて南米のパラグアイと中米のベリーズを歴訪、その往路と復路の双方において経由地の米国に立ち寄った。今回の米国立ち寄りでは、米国内において、台湾の総統としてはこれまでにない活発な活動を見せた。パラグアイとベリーズは台湾と国交を持つ残り少ない国(訪問時18か国、訪問直後のタイミングでエルサルバドルが断交したため現在は17カ国)であるが、むしろ訪米がメインであったかのような印象を受けるほどであった。

 蔡総統は、往路においては、現地時間の13日、ロサンゼルス郊外のレーガン大統領図書館を訪問し、次のような内容の談話を発表している(‘President Tsai visits Ronald Reagan Presidential Library’,Office of the President Republic of China(Taiwan), August 14, 2018)。

・レーガン大統領の生涯にわたる自由と民主主義の価値へのコミットメントは、民主化の波を引き起こし、ベルリンの壁を崩壊させ、冷戦の終結をもたらした。

・レーガン大統領が発表した「6つの保証※」は、米国の対台湾政策の重要な根幹をなし、米台2国間関係を方向付けている。レーガン大統領の米台関係安定への貢献は計り知れない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)