セカンドキャリアを目指す人が気をつけるべきことは?

セカンドキャリアを目指す人が気をつけるべきことは?

(AndreyPopov/Gettyimages)

人生90年時代、100年時代を迎えつつありますから、サラリーマンにとって60歳で定年を迎えて隠居する、ということが難しくなりつつあります。金銭的にも老後資金不足が心配ですが、社会との接点が減ると生きがいの問題や孤独の問題等々も出てきます。

 かといって、サラリーマンが同じ会社に70歳、75歳と勤めることも容易ではありません。定年延長だと人件費が嵩むので、定年後再雇用という形式になる場合が多いでしょうが、それでも問題は多いはずです。たとえば、かつての部下にお仕えすることになる場合も多いでしょうから、お互いに大変やりにくい思いをするでしょう。

 自分がかつての部下に頭を下げることに抵抗がないとしても、相手が自分に適切な指示を出すことが期待しにくいかもしれません。そうなると、文字通り窓際で新聞を読んで過ごすことにもなりかねません。それでは到底社会参加意識もやりがいも得られないでしょうし、会社の中で孤独を味わうことにもなりかねません。

 それなら、一層のこと、セカンドキャリアを探した方が良い、と考える人も多いでしょう。幸いなことに、政府が副業を後押しする時代になっていますから、社内で先が見えてきて、やりがいのある仕事が見つけにくくなってきたら、副業をして充実感を得ながらセカンドキャリアの可能性を探りましょう。

 他社に勤める場合、もっとも重要なことは、謙虚になることでしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)