「CEATEC JAPAN 2018 」注目すべきポイントは何か?

「CEATEC JAPAN 2018 」注目すべきポイントは何か?

昨年のCEATEC(提供CEATEC事務局、以下同)

「CEATEC JAPAN 2018 ―CPS/IoT Exhibition―」が、2018年10月16日〜19日の4日間、千葉県・幕張の幕張メッセで開催される。

 CEATEC JAPANは、2016年に、「脱・家電見本市」を宣言。IoTをメインテーマにした「CPS/IoTの総合展」へと転換を図っている。その転換は成功し、来場者の約3分の1が初めての来場者であり、約50%を新規出展企業が占める。しかも、これが2年続いたことで、CEATEC JAPANは、まさに様変わりしたといえる。だが、国内唯一の「家電見本市」が姿を消したことで、長年、CEATEC JAPANを訪れていた来場者や、これまでの出展企業からの不満の声があるのも事実だ。CEATEC JAPANはどこに向かおうとしているのだろうか。

 三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、コマツ、ローソン、三菱地所、トヨタ自動車、バンダイナムコ、JTB、ファナック、アマダ、ライオン、NEXCO東日本、LIXIL、イオンクレジットシステム−−。

 10月16日から開催されるCEATEC JAPAN 2018の出展企業の一覧に書かれた企業名だ。

 CEATEC JAPAN実施協議会の鹿野清エグゼクティブプロデューサーは、「会場内で異業種企業が多く出展するIoTタウンには、昨年は、金融、観光、スマートライフ、エンターテインメントの4つの産業界から出展があったが、今年は、農業、建設・土木、都市インフラ、スマートシティ、医療・ヘルスケア、物流・流通の6つの産業界から新たな出展がある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)