日本に上陸した「韓流」空調メーカーの狙い

日本に上陸した「韓流」空調メーカーの狙い

COWAY代表取締役社長 イ・ヘソン氏

「ガラパゴス」。ご存じダーウィンが進化論の元になる、島ごとに独自な進化を遂げた生物を見つけた地で、世界遺産にも登録されています。家電では「(日本)独自進化」を遂げた家電のことをいいます。しかし使われる時は、どちらかというと悪い意味です。無駄に進化した機能でコストアップして輸出できないなどと、揶揄されます。

 今回、韓国で空調家電などのメーカー、COWAY(コーウェイ)社が、日本上陸、空気清浄機を販売することになりました。馴染みはないと思いますが、1989年、浄水器、空気清浄機の専門メーカーとして立ち上がった会社です。今では、温水洗浄便座、マッサージチェア、スロージューサーなど多岐にわたり製品展開をしていますが、基本は浄水器、空気清浄機で、韓国の純粋想起(全くヒントなどない状態での思いつく)ブランド調査で、浄水器で40%、空気清浄機で38%ですから、間違いなしのトップブランドです。また韓国では、ヒュンダイ、サムソン、LGより、ブランドイメージはよく、例えば、韓国能率協会コンサルティング主催の「韓国産業のブランドパワー」では16年連続1位を獲得しています。

 今、空気清浄機の最大市場は、中国です。次がアメリカ、日本は第三位の規模と言われています。中国は空気汚染が改善せず、あれば売れる状態だそうです。彼らが今回日本に上陸させた 戦略モデルAIRMEGA(エアメガ)のターゲットに定めたのは、アメリカ市場でした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)