なぜ「鉄の女」は愛されない勇気を持てたのか?

なぜ「鉄の女」は愛されない勇気を持てたのか?

(REUTERS/AFLO)

2019年3月29日、英国は欧州連合(EU)から離脱する。しかし、この「ブレグジット(Brexit)」が半年後に迫っているにもかかわらず、移行期間や、北アイルランド(英国)とアイルランドの国境における「バックストップ(防御策)」問題など、合意にいたっていない課題がある。

 テレビに映るテリーザ・メイ首相の表情は憂鬱に見える。それは、2016年にEU離脱を問う国民投票において、彼女が残留に投票したことからも分かるように、英国の国益を考えたとき、やはりEUに残留したほうが良いと考えているからではないか。あるいは、デービッド・キャメロン前首相の後を受けたとき、国民投票の結果を受けて「EU離脱を進める」と表明したことに縛られているということもあるだろう。

 ただし、事ここにいたって政治家に求められるは、国にとって「何が最善か?」と考えることではなく、「これが最善だ」という信念だ。それこそが変革期の政治家に求められるリーダーシップのあり方であり、その教訓は、まさにメイ首相の背後にある。5代前、71代首相で英国初の女性首相である、マーガレット・サッチャーだ。

 このほど『マーガレット・サッチャー 政治を変えた「鉄の女」』(新潮選書)を上梓した、冨田浩司G20サミット担当大使に話を聞いた。冨田氏は、外務省に入省後、計7年間英国に駐在した経験を持つ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)