したたかさが際立つトランプの中間選挙戦略

したたかさが際立つトランプの中間選挙戦略

モンタナ州のトランプ支持者(筆者撮影@モンタナ州ミズ―ラ)

今回のテーマは「トランプの中間選挙戦略と日米関係」です。11月6日(現地時間)の中間選挙を控え、ドナルド・トランプ米大統領は共和党候補の応援演説のため全国遊説をしています。トランプ大統領は10月18日西部モンタナ州ミズ―ラ国際空港、翌19日アリゾナ州フェニックス・メサ・ゲートウェイ空港にあるそれぞれの格納庫で支援者集会を行いました。

 格納庫で支持者集会を開くメリットは、集会終了後、即座に次の集会場所に飛び立つことができる点です。つまり、効率性が高いのです。

 モンタナ州及びアリゾナ州の集会に参加しましたので、本稿では同大統領の中間選挙戦略を「重点州」「殺し文句と対立構図」「主要な争点」の3つの視点から分析し、そのうえで選挙結果が日米関係にどのような影響を与えるのかについて述べます。

■トランプの最重点州はどこか?

 トランプ大統領は、9月にニューヨークで開催された国連総会の前後で選挙戦略を変えています。国連総会前は、「3+2(スリー・プラス・ツゥー)」の選挙戦略をとっていました。まず、中西部ノースダコタ州、インディアナ州及び南部ウエスト・バージニア州の3州を重点州に置き、複数回訪問しました。次に、モンタナ州と中西部ミズーリ州の2州を加えて、選挙応援集会を開催しました。

 国連総会が終了すると、他州で支持者集会を開きます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)