マイケル・ジョーダンも参入、人気沸騰のeスポーツ

マイケル・ジョーダンも参入、人気沸騰のeスポーツ

10月28日、ドイツ・ハンブルクで行われたeスポーツイベント「ESL One Hamburg 2018」(AFLO)

eスポーツとは家庭で遊ばれているようなビデオゲームを世界中のプロゲーマーが競い、それをショーとして見せる、というものだ。現在ではコミコンなどの会場でeスポーツのトーナメントが行われたり、ビデオ配信を通して実況中継が行われるなど、世界中でファンが増加している。

 マーケットリサーチ会社、Newzooによると「eスポーツをたまに見る」「熱狂的ファン」という人を合わせた数字は毎年2桁以上の増加を見せており、2019年には「たまに見る」「熱狂的ファン」を合わせるとその数は4億人を突破する見込みだという。またメディアの放映権、トーナメント入場料、オンライン広告、スポンサーなどを合わせた経済規模も2014年には2億ドル程度だったが2019年には5倍近い10億ドルを超える数字が見込まれている。

 実際にeスポーツは野球、バスケットボールなどの一般的なスポーツの試合と遜色ないほどの視聴者を集めている。昨年行われた「リーグ・オブ・レジェンド」というeスポーツイベントの世界チャンピオン決定戦はネットを通して世界中で8000万人が視聴した。この人気ぶりから今年7月には米国テレビネットワークのESPNとディズニーがeスポーツリーグの放映権を数年間契約で結んだ、と話題になったほどだ。

 選手集めもプロスポーツ並みになっている。米バスケットボールのNBAは傘下にバスケットボールをテーマにしたeスポーツのリーグを持ち、今年はその選手の「ドラフト選考会」まで開催された。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)