ドイツで「緑の党」が台頭してきた理由

ドイツで「緑の党」が台頭してきた理由

(vololibero/Qpicimages/C-mere/koya79/iStock)

最近ドイツの2つの州で行われた地方議会選挙は、劇的な結果をもたらした。10月14日に行われたバイエルン州議会選挙では、1958年以降ずっと単独過半数を占めてきたCSU(キリスト教社会同盟)が、第1党ながら得票率約37%と大敗を喫した。CSUはメルケル率いるCDU(キリスト教民主同盟)の姉妹政党である。10月28日に行われたヘッセン州議会選挙では、CDUが前回と比べて約11%得票を減らし得票率27%と、これまた大敗であった。そして、両州において、連邦政府でCDU・CSUと大連立を組むSPD(社会民主党)がCDU、CSU以上の惨敗を喫する一方、緑の党と右翼政党AfD(ドイツのための選択肢)が躍進した。

 これらの選挙結果を受け、メルケル首相は12月のCDU党首選挙への不出馬と2021年の首相任期限りでの首相退任を表明した。これは、メルケルの権力維持策であると言われている。つまり、後継者選びに隠然たる力を残しつつ、2021年までは首相の座に留まろうとする意図である。後継者候補としては、女性のアンネグレット・クランプ=カレンバウアー幹事長、若手のイエンス・シュパーン保健相、ベテランのフリードリヒ・メルツ元院内総務などが挙がっているが、あまり抜きんでた候補はいないようである。メルケル自身は、カレンバウアーを推している。メルケルが2021年まで首相の任期を全うできるか、現時点では分からない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)