日本企業が縋る金の卵@ッ学生

日本企業が縋る金の卵@ッ学生

日本で就職を希望する外国人留学生は増加している(JIJI)

愛知県豊田市。「TOYOTA」関連の看板がひしめき合う企業城下町の一角に、新明工業はある。創業以来70年間、トヨタのティアワン(一次下請け)企業として自動車産業の一翼を担っており、従業員数は900人を数える。しかし、同社取締役専務の近藤恭弘さんは、「採用説明会に来てくれる日本の就活生がどんどん減っている」と人手不足の窮状を打ち明ける。特に会社の中核を担うエンジニア志望の学生を採用できないという。

 同社は自動車用の生産設備の設計、道路作業車両などの特殊車両製作、またモーターショーでの展示モデル製作などを担うため、オーダーメイドの仕事が多い。そのため、クライアントのニーズを的確にとらえ、形に落とし込んでいくという高度な技術が求められる。一般の企業と同じように、就職情報サイトにも登録しているが、ここ数年、大学や高専の優秀層はもちろん、それ以外も含め入社希望の学生が目に見えて減ってきた。このまま中核人材を採用できずに、技術継承が途絶えると、会社の存続にも関わる。

 そこで同社はこれまでの採用方針を転換した。将来の担い手を、日本で学ぶ留学生にも広げたのである。「日本の学生が採用できなくても、同じくらい優秀な留学生がいると認識するようになった」と近藤さんは語る。今年、初めて留学生に内定を出した。整備士の5人に加え、事務部門でも1人を採用、営業部門での運用を検討する。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)