「文在寅大統領は徴用工訴訟に熱心」という勘違い

「文在寅大統領は徴用工訴訟に熱心」という勘違い

文在寅大統領(写真:AP/アフロ)

韓国の最高裁が徴用工訴訟で原告勝訴を確定させた波紋が続いている。1965年の日韓国交正常化の土台を突き崩すような司法判断だから大騒ぎになるのは当然だが、日韓双方で勘違いや誤解も多いようだ。このコラムでは今年6月に「『解決済み』の徴用工問題で誤解が多い理由」(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/12997)として、元徴用工の個人請求権が残っているというのは日本政府の見解であることを紹介した。私は日本での最大の誤解はその点かと思っていたのだが、ここにきてネット上に流布されているらしい新たな勘違いに面食らうことになった。それは「文在寅氏は徴用工訴訟に強い関心を持ってきた」というものだ。そんなこと聞いたことないんだけど…。

■徴用工訴訟では名義貸し、「公判に来たことない」

 最高裁判決の波紋を特集したBS番組に出演した時のことである。ディレクターから送られてきた打ち合わせ用の資料に「盧武鉉氏と弁護士事務所を開設した時、徴用工裁判を手掛けていた? ライフワーク」という書き込みがされていた。聞いてみると、手分けして色々な資料に当たった中にそうした記述が出てきたのだという。ネットでそうした情報が流れているようだった。

 私は「そんなことないと思いますよ」と伝える一方、自分でもネットを探してみた。盧氏と共同で事務所を運営した時に徴用工訴訟を手がけていたという内容は見つけられなかったが、文氏が徴用工訴訟に強い関心を持っていると示唆する文章はあった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)