「まんぷく」日清食品の創業者・安藤百福の物語

「まんぷく」日清食品の創業者・安藤百福の物語

(写真:Yumeto Yamazaki/アフロ)

NHK連続小説「まんぷく」は、日清食品の創業者である安藤百福と妻・仁子の人生を描いたフィクションである。タイワニーズ(台湾人)の百福は日本人発明家の立花萬平(長谷川博己)となり、仁子は今井福子(安藤サクラ)である。

 日本統治下から国民党政権下へ……台湾人がたどった運命については、『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(野嶋剛著、小学館)がある。このなかで、野嶋は「日本の食を変革する」という章をたて、「カップヌードルの謎を追って」の題名で安藤百福を取り上げている。

 タイワニーズとしてたどった、百福の人生については、日本経済新聞の「私の履歴書」をまとめた『魔法のラーメン発明物語』(日経ビジネス人文庫)が、自らを語って、その人生の波乱万丈ぶりは驚異である。

■チキンラーメンもカップラーメンもまだ開発されていないが……

 ドラマは、第12週「絶対何とかなるから!」(12月17日〜22日)に至っても、チキンラーメンは登場しない。カップヌードルもまた当然ながら開発されてはいない。

 百福は、2007年1月に96歳の天寿を全うして亡くなっている。妻の仁子は、2010年3月に92歳の人生を閉じた。このドラマをきっかけとして、関係者の聞き取りなどをもとに『チキンラーメンの女房 実録 安藤仁子』(安藤百福発明記念館編、中央公論新社刊)が出版された。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)