トランプに洗脳された男

トランプに洗脳された男

(Feodora Chiosea/Gettyimages)

今回のテーマは「トランプに洗脳された男」です。マイケル・コーエン被告は2007年から、複合企業トランプ・オーガニゼーションの社員として働き、後にドナルド・トランプ米大統領の「火消し役」として顧問弁護士を務めました。コーエン被告は合計で約10年間、トランプ大統領に仕えてきたわけです。

 これまでに起訴されたポール・マナフォート元選対本部長、マイケル・フリン元大統領補佐官、ジョージ・パパドポロス元外交顧問などの側近の中で、コーエン被告はトランプ大統領に最も近い人物であったといえます。ニューヨーク連邦地裁は12月12日、そのコーエン被告に脱税、米議会での偽証及び選挙資金法違反などの罪で、禁錮3年の実刑判決を言い渡しました。

 本稿では、コーエン被告の証言並びにトランプ大統領の弁護団を率いる元ニューヨーク市長ルディ・ジュリアーニ氏の反論の分析を中心に述べます。

■コーエンの重要証言

 コーエン被告から数々の重要証言が飛び出しました。同被告は判決後、米ABCニュースのインタビューに応じ、その中で「トランプ大統領はロシアについて真実を語っているか」という質問に対し、「いない」と明言しました。ロバート・モラー特別検察官の捜査に協力している最中なので、同被告はロシア疑惑に関して詳細を語りませんでしたが、重要証言であることは確かです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)