"something different"から生まれる花へのインスピレーション

"something different"から生まれる花へのインスピレーション

"something different"から生まれる花へのインスピレーションの画像

国道246号・青山通りの表参道交差点から南にワンブロック。高層ビルの並ぶ通りから一筋入ると、中低層の個性的な建物が多くなる。そんな中でも、ガラス張りで天井の高い、コンクリート打ちっぱなしの2階建て、入り口へのアプローチも鉢植えの植物や花や木々で彩られた植物園か温室のような建物はひときわ目をひく。

 それが2010年12月にオープンした「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストア」。一面のガラスから燦燦(さんさん)と太陽の光が降り注ぐ店内に一歩足を踏み入れると、そこにはニコライ バーグマンの世界が広がっていた。フラワーショップに併設されたカフェの、ガラスの天板のテーブルには季節の花が飾られ、まるで花の上にカップや皿を載せている気分。壁も一面の苔と花で覆われて、カフェに花や植物が飾られているのではなく花や植物の中にカフェがある感じ。そこに洗練された雰囲気をまとった長身で美形のニコライが現れると、映画の世界にいるような錯覚を覚える。

 「この辺りの雰囲気とこの場所がとっても好きだったけど、フラワーショップにはちょっと広すぎた。そこで、花をより多くの人に楽しんでもらうために何か提案しようと、2階はフラワースクールとイベント会場に、一階はフラワーショップとカフェにしました」

 私たちが普通に見慣れた生花店は、あくまで花を選んで買う場所。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)