スポーツで“一つの大会に夢を掲げる”ことの功罪

スポーツで“一つの大会に夢を掲げる”ことの功罪

スペインでは選手も指導者も目の前の1試合に自分の全てを捧げる(筆者撮影、以下同)

初めて本誌に寄稿させて頂くにあたり、まずは簡単な自己紹介をさせて頂きたい。私はスペインのカタルーニャ州バルセロナ在住のサッカー指導者だ。こちらに来て4年となる今シーズンはUD Unificaci?n Bellvitge(ウニフィカシオン・ベルビッチェ)という地元社会人チーム(スペイン6部リーグ所属)でコーチを務めながら、スペインの監督ライセンス最高位であるレベル3(日本のS級ライセンス相当)取得のための学校に通っている。

 そんな私だが、ここではスペインから見た、現地のスポーツ風景や日本のスポーツ育成事情に関して綴っていこうと思う。

 1月。日本ではラグビーの花園やサッカーの高校選手権、大学の箱根駅伝など多くの学生スポーツがメディアを賑わせる時期だろう。選手たちにとって1年に1度やってくる晴れ舞台であり、言うなれば、そこは青春の全てを捧げてたどり着いた“夢の舞台”だ。

 例えば高校サッカー選手権は全国から集まった48校で日本一をかける大会である。参加校の大会登録人数は20人。試合に出ることができるのはスタメンである11人と、選手交代が4人まで。

 ちなみに高校生年代の日本のサッカー人口は176,292人だという(2017年/JFA.jp)。全参加校から登録選手中の最大の15人が出場したとしても、その人数は全体の約0.4%。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)