ドゥテルテ大統領はフィリピンの救世主である

ドゥテルテ大統領はフィリピンの救世主である

マニラの裏通り 昭和30年代の匂いが。今日よりも明日はよい暮らしが

海外で仕事をすると必ず、フィリピンの同僚を得る。英語を話し、そこそこ仕事もでき、性格も悪くなく、給与も日本人ほど高くはない。だから日本企業はこぞって彼らを雇う。ベネズエラにいたときもそうだ。ちょうどドゥテルテ大統領の政権が始まったころで、フィリピン人の同僚数人は、全員が彼を支持していた。

■マニラで浦島太郎になる

 私が以前フィリピンを訪れたのは30年以上も前のことだ。そのときは、空港は薄暗く目つきの良くない有象無象が跋扈し、迎いの車を手配していない場合は、ゴールデンタクシー以外は乗るなといわれていた。今のベネズエラと同様に、道中金品を巻きあげられたり、誘拐されたりせずに、安全にホテルに着くことができれば、見つけものだった。しかも私はその滞在中にある保養地で、当時武装闘争を行っていたモロ・イスラム解放戦線(Moro Islamic Liberation Front MILF)の資金源と思しき、金鉱を持つ年配の男性と秘密裏にカード博打をやったことから、ある理由で10日ほどマニラ郊外のマロ―ロスに軟禁された。

 いい思い出はない。

 ところが、昨年夏から年初にかけて4度ほどフィリピンを訪れてみると、様変わりも著しい。空港は狭いとはいえ整理され、中で不安に駆られるようなことはない。ホテルまでの道中を心配する必要はない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)