いま明かされる田原総一朗の高校時代・絵に野球に小説に、ジャーナリストを志した青春

いま明かされる田原総一朗の高校時代・絵に野球に小説に、ジャーナリストを志した青春

田原総一朗氏(撮影・松沢雅彦)

日本を代表する名門高校はイノベーションの最高のサンプルだ。伝統をバネにして絶えず再生を繰り返している。1世紀にも及ぶ蓄積された教えと学びのスキル、課外活動から生ずるエンパワーメント、校外にも構築される文化資本、なにより輩出する人材の豊富さ……。本物の名門はステータスに奢らず、それらすべてを肥やしに邁進を続ける。

 学校とは単に生徒の学力を担保する場ではない。どうして名門と称される学校は逸材を輩出し続けるのか? Wedge本誌では、連載「名門校、未来への学び」において、名門高校の現在の姿に密着し、その魅力・実力を立体的に伝えている。だから、ここでは登場校のOB・OGに登場願い、当時の思い出や今に繋がるエッセンスを語ってもらおう。

 今回取り上げた彦根東高校(以下、東高)は元藩校で、彦根城の中にある。「赤鬼魂」を伝統としている。これは井伊家の武具甲冑、「赤備え」に由来する。第15代藩主・井伊直弼は幕府の大老として開国を果敢に主張。桜田門外の変で水戸浪士らに謀殺された。それも真っすぐに当時の国難にぶつかった結果だ。

 東高は一昨年夏、昨年春と2季連続で野球部が甲子園に出場し、全国的にも知られるようになった。しかし、全国高校新聞コンクールで常勝する新聞部も負けてはいない。両者に共通するのは、直弼譲りの愚直なまでの果敢さだろうか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)