就学前教育「保育」の意義とは

就学前教育「保育」の意義とは

(rocks3/Gettyimages)

「保育園落ちた日本死ね」と匿名ブログに投稿されたのは、2016年2月。待機児童問題は国会でも議論され、政府や自治体にとって子育て支援は政治課題となっている。2019年10月からは、幼児教育・保育の無償化がスタート。少子高齢化といった社会情勢も影響を及ぼすと考えられる。政治的にも社会的にも注目を集める「保育」はいかなる教育的役割を担い、社会的意義があるのか。私立保育園保育士や園長を経験し、『保育の自由』(岩波新書)を上梓した白梅学園大学・短期大学学長の近藤幹生教授に保育の現状や課題、未来像を聞いた。

■保育は心や体を動かして遊ぶ重要な教育

 子どもは生まれると、保育園もしくは幼稚園へと通い、小学校に入学。中学、高校、大学へと学歴を積み重ねる。生まれてから、小学校へ就学するまでの時期を「乳幼児期」と呼び、その時期に通う保育園や幼稚園での教育を「保育・幼児教育」とされている。

 本著『保育の自由』は保育・幼児教育を総称して「保育」と定義し、それにまつわる諸制度を噛み砕いて解説し、施策の問題点を指摘している。2014年10月に、同じく岩波新書から出された『保育とは何か』で、保育のもつ意味やその営みについて語られてから、読者の反響や社会的情勢の変化から新たに著した続編となっている。

 著書の議題となっている「保育」と、小学校以降の教育との違いについて、近藤氏は「学校に入る前の保育は、思いっきり体や心を動かして遊ぶ段階。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)