“イエスマン”がいたほうがいいんです|大地丙太郎監督

“イエスマン”がいたほうがいいんです|大地丙太郎監督

大地丙太郎(だいち・あきたろう)氏:アニメーション監督。『ナースエンジェルりりかSOS』(1995)でアニメ監督デビュー。主な作品に『こどものおもちゃ』(1996)、『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(1998)、『十兵衛ちゃん』(1999、総監督)、『フルーツバスケット』(2001)、『信長の忍び』(2016)などがある。NHKで1998年から放送が開始した『おじゃる丸』は現在も放送中で、日本中の子供たちに親しまれている。

「イエスマンを置いてはいけない」という言葉は、ビジネスの現場でもよく耳にします。しかし、大地丙太郎監督は「イエスマンがいないと作れない」と言い切ります。その真意とは・・・?

大地:やっぱり、絵コンテ(脚本をもとに、どんな画面で構成するかの流れを描いたもの)ですね。第1話の絵コンテを自分で描くことで、どういう作品にしたいかを見つけ出していくところが大きいので。

 やっぱり『こどものおもちゃ』の話になりますが、第1話の脚本が出来上がった時はおもしろいと思ったんです。でも、絵コンテにしてみるとどうしても面白い感じにならない。それで、脚本家さんには申し訳ないけど、脚本から一度離れていきなり絵コンテを描いてみたんです。そうしたら納得いくものになった。

 だから、今度はその出来上がった絵コンテを、脚本チームに見てもらって、改めて僕のやりたいノリのようなものを理解してもらうようにしました。


――そこは成果物を通じて、コミュニケーションするほうがはやいのですね。

大地:監督の仕事って「おもしろいものを作る」ことですよね。でも、制作している時って視聴者との距離はまだ遠いので、まずは「スタッフのみんながやる気の出るものを作ろう」って思うんですよ。だから自分で直接作業をする第1話は緊張します。「なんだよこれ。意味がわからない」って言われちゃうものになってしまうと、スタッフのモチベーションが下がってしまう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)