トランプ大統領は『第二のニクソン』になる?

 共同通信の元記者でワシントン特派員などを経験した知米派ジャーナリストの松尾文夫氏が、米中関係を14年もかけて調査、分析した『アメリカと中国』(岩波書店)を出版した。米国と中国が1780年代から交流があり特別の関係にあったことを関係者のインタビューを交え、膨大な資料をもとに明らかにするとともに、1972年のニクソン米大統領の中国との突然の国交回復などにみられるように、米国の中国に対する現実主義的な対応には要注意だと指摘、安倍政権に対しても注意を喚起している。

 漢方薬の材料となる朝鮮ニンジンは、実は米国で取れたものが1780年代に大量に中国に輸出されていたことなど、意外と知られていない貿易取引なども明らかにし、これまで歴史家が触れてこなかった史実にも光を当てた点は、ジャーナリストが書いた歴史書として価値ある労作だ。松尾氏に著書の狙いなどについてインタビューした。

Q 米国から中国に取材対象が広がったきっかけは

A 共同通信のワシントン特派員として勤務した1967年の春頃、米国と中国の戦争の可能性が論じられていた時に、米国の中国担当者が何を考えているのか探ろうと思い国務省の中国担当のオフィスを訪ねてみたら、同省日本部の5倍くらい広いスペースに驚いた。担当官もハーバードなど有名大学を卒業し、中国語をマスターしていた。そこで出会った担当官が「とにかく1949年に出た『中国白書』を良く読んでみることだ」とアドバイスしてくれた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)