インターステートハイウェイとサンタフェ鉄道

 アイゼンハワーは戦時中の体験から全米を網羅する高速道路網建設を掲げ1956年からインターステートハイウェイ(州間高速道路)の建設を着手。

 米国では都市部のごく一部を除いて高速道路は無料である。ルート66旧道を外れてダラス、フォートワース、エルパソ、セドナ、グランドキャニオン、モニュメントバレー、サンディエゴなどなどに立ち寄ったがこうした寄り道では大半は高速道路を利用した。7000キロくらい高速道路を走ったことになるがシカゴ空港近くで50セントを支払った以外はすべて無料であった。
 ちなみに自動車販売台数が年間2800万台(2016年)となり世界一の自動車大国となっている中国では中国全土を跨ぐ高速道路網を急ピッチで建設しているが日本同様に受益者負担原則から全て有料道路である。注)2016年の全米自動車販売台数は1755万台。

■大陸横断鉄道は昔も今もアメリカ経済の大動脈

 1869年にアメリカの大陸横断鉄道は完成した。スエズ運河の開通と同年だ。20世紀前半を通じて鉄道が全米の貨物輸送の主役であり、その後長距離トラック輸送が一般化するにつれて貨物輸送の主役の座をトラックに譲り鉄道は斜陽産業化したと思っていた。しかし今回米国中西部を走ってみて鉄道輸送は現在も米国経済の大動脈であると認識を改めた。

 シカゴからルート66旧道を辿った。途中南北に寄り道しながら西海岸までドライブしたが、この地域ではイリノイ州(シカゴ)?ミズーリ州?カンザス州(カンザスシティー)?コロラド州?ニューメキシコ州(アルバカーキー)?アリゾナ州(フラッグスタッフ)?カリフォルニア州(ロサンジェルス)を走る通称サンタフェ鉄道と交差したり並行する区間が多い。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)