メール1本で優秀な人を獲得する、ベンチャー敏腕役員

メール1本で優秀な人を獲得する、ベンチャー敏腕役員

「もしも」取締役管理本部長・堀直之氏

 今回は、求人サイトとメールを使い、「使える人材」を次々と獲得するベンチャー企業「もしも」の取締役管理本部長・堀直之氏を取材した。

 もしもは2004年に創業し、06年からはアメリカで普及していたドロップシッピングサービスを日本ではじめて始めて、安定成長を続けるIT系ベンチャー企業だ。業績は、過去最大の売上を更新している。

 「もしもドロップシッピング」サービスを使えば、初心者でも簡単に、安全に無料でネットショップ運営を始められる。現在、45万人の会員と36万点の商品数で、日本最大級の個人向けドロップシッピングサービスである。

 好景気の中、大企業が採用意欲を高め、多くの中小・ベンチャー企業が「優秀な人材を獲得できない」と嘆く。そのような中、社員数30人ほどでありながら、独自の手法で「使える人材」をゲットする人事担当役員が、堀氏だ。

■確信を持てない限り、採用はしない

 私たちは創業(2004年)の頃から、少数精鋭であることに誇りを持っています。そこに社長以下、社員たちの強いこだわりがあります。「優秀」と思える人がエントリーしたとしても、内定を出すとは限りません。「この人は、大丈夫だ」と確信を持てない限り、採用しないのです。

 社員の採用を行うときは、中途採用がメインになります。ターゲットとしてコストを最もかけているのが、30歳前後の即戦力です。あるいは、いずれは事業部の責任者として活躍をしていただきたい幹部候補です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)