モンスター化する文在寅支持者たち、味方まで跪かせる「狂気」

 文在寅大統領の就任から2週間。短い期間ではあるが、韓国メディアはこの間、新大統領に関する話題で持ちきりである。例えば、歴代政権では見られなかったような破格の人事、脱権威的な大統領の言動についてである。もちろん、これらの新大統領の動きをポピュリズムと批判する声もあるが、国民の評価は概ね肯定的だ。新政権に対する支持率が歴代最高の87%という調査結果もそのような国民の期待が表れた数字である。

 しかし、好スタートを切った大統領の陰で序盤から「暴走」している集団がいる。それは他でもない文在寅を大統領にした文在寅の支持者たち(その中でも熱狂的な支持者)である。

 2017年初から5月9日の選挙まで、文在寅の支持者たちが見せた「過激ぶり」は既に知られていた。例えば、数百人の支持者グループが組織的に反対勢力に迷惑メールを送ったり、ネット掲示板で競争候補への誹謗を繰り返したことが報じられ物議を醸した。また、ある大学教授は文在寅の応援のため、貸し切りバスを利用して弟子170人を動員したことが摘発され、選挙法違反容疑で拘束された。

 「やり過ぎ」と、韓国内でも批判を浴びることもある彼らであったが、彼らは文在寅を熱烈に支持する勢力であり、彼らが支持する文在寅は政権を取ることに成功した。それは彼らにとって理想的な結末のはずなのにいったい何が起きているのだろうか。問題は彼らの暴走が文在寅大統領の誕生というゴールラインを過ぎても止まらず、その勢いを増しているということだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)