フジテレビ系・カンテレ制作「CRISIS」、小栗旬と西島秀俊があぶりだす権力の闇

フジテレビ系・カンテレ制作「CRISIS」、小栗旬と西島秀俊があぶりだす権力の闇

iStock

 カンテレ制作の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(火曜夜9時)は、直木賞作家の金城一紀が原案・脚本の警察ドラマである。刑事モノの謎解きを超えて、権力の闇をあぶりだす異色の作品に仕上がっている。

 金城の小説は、直木賞受賞作の半自伝的な作品『GO』をはじめ『映画篇』など、さまざまな映画がストーリーにからんでいる。シルベスター・スタローンやブルースリー主演のアクション映画のほうが、フランス映画よりも主人公たちは好んでいる。

■ネットやスマホが謎解きの小道具に

 公安機動捜査隊特捜班の班長は警部の吉永三成(田中哲司)、彼の下に4人の巡査部長の部下として、元自衛隊員の巡査部長・稲見朗(小栗旬)と公安部外事課出身の田丸三郎(西島秀俊)の捜査コンビに加えて、元爆弾処理班で独特の嗅覚を持つ樫井勇輔(野間口徹)と元ハッカーのデータ分析のプロフェッショナルの大山玲(新木優子)がいる。彼らは、警察庁警備局長の鍛冶大輝(長塚京三)の指揮下にある。

 ドラマは、テロ集団と化した宗教団体や、テロ集団「平成維新軍」と特捜班との戦いが縦糸となって展開していく。第6話(5月16日)は、11年前の地下鉄の無差別爆破テロを実行した容疑者のひとりである、里見修一(山口馬木也)が、茅場町のコンビニ強盗があった監視カメラに、たまたま映っていたことから捜査が始まる。

 現代の推理ドラマは、ネットやスマートフォンを謎解きの小道具として巧みに使っているかどうかも、ひとつの見せ所である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)