置き去りにされてきた「高齢者の性」をめぐる問題

置き去りにされてきた「高齢者の性」をめぐる問題

『セックスと超高齢社会 「老後の性」と向き合う』(坂爪真吾、NHK出版)

 ”高齢者と性”と聞くと”高齢になれば性欲は減退するし、年老いてそんなものに囚われたくない”という意見がある一方で、いくつになってもモテたいと考える人もいる。シニア専用の風俗店まで存在するほど高齢化が進む日本で、高齢者は性とどう向き合っていくべきか。それは現在の高齢者のみではなく、やがて高齢者となる若い人たちにとっても決して他人事ではない。そこで、今回『セックスと超高齢社会』(NHK出版新書)を上梓した一般社団法人ホワイトハンズ理事の坂爪真吾氏に「高齢者の性の実態」や「介護現場での性」などについて話を聞いた。

――高齢者の性を一言で言うと、どう言うことができますか?

坂爪:「全世代の性の問題が表れる世界」ですね。高齢者の性というと、高齢者特有の問題と考えがちです。しかし、取材を進めていくうちに、それまでの人生でどう性に向き合ってきたか、もしくはこなかったかや、幼少期、思春期、青年期、壮年期の性の総決算として表れると感じました。そうした全世代の鏡として「高齢者の性」を捉えることで、我々の社会でどのような制度やサービスが欠けているかを見ることができるんです。確かに若くて健康なうちは、自らの力でなんとかなるかもしれません。しかし、年齢と共に、体力や経済力、精神力が衰え、自らの力ではどうにもならなくなる日が誰にでも訪れます。

 また、性は、単に性欲の発散だけを意味しません。性を通し、個人と個人、または個人と社会のコミュニケーションの手段として存在します。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)