IS、東南アジアでも蠢動、ラマダン入り、外での酒自粛を

IS、東南アジアでも蠢動、ラマダン入り、外での酒自粛を

ダッカ(iStock)

 英マンチェスターのテロは過激派組織「イスラム国」(IS)が背後で介在していたことが濃厚になっているが、東南アジアでもISの蠢動が活発化している。イスラム教徒は27日から聖なるラマダン(断食月)入り。宗教心が強まる時期であり、特にイスラム世界でアルコールを出す飲食店はテロの危険性があり、立ち入りは御法度だ。

■ダッカの悪夢を忘れるな

 外務省はラマダン入りに伴い、この期間に多くのテロが発生しているとして在外邦人に注意を呼び掛けている。イスラム圏にいる日本人にとって注意しなければならないのが、集団礼拝が行われ、感情が高揚する金曜日の外出と、酒類を提供するレストランなどでの飲食だ。

 特に酒を出す飲食店は、昨年7月1日のバングラデシュ・ダッカで起きたテロで日本人7人が殺害されたテロ事件を引き合いに出すまでもなく、イスラム過激派の標的になりやすい。日本人にとって「酒は百薬の長」。酒が一般的に禁じられているイスラム圏でもその脇は甘くなりがち。

 ラマダン期間中、飲食で昼夜が逆転するイスラム世界は日が落ちればお祭り騒ぎだ。だからこうした雰囲気にのまれてついついレストランでワインなどを飲んでしまいかねないが、ラマダン期間中は「酒を飲むなら自宅で」を忘れてはならない。旅行者も「ホテルの自分の部屋で」が原則だ。

 最もサウジアラビアやイランなどペルシャ湾岸諸国で、外で酒が飲めるのはドバイなど一部を除いては皆無。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)