ロンドン・テロで的外れ批判、またやったトランプの思い込み

ロンドン・テロで的外れ批判、またやったトランプの思い込み

iStock

 ロンドンの中心部で3日起きたテロで英国は「恐怖と怒り」に満ちあふれているが、海の向こうからトランプ大統領がテロ対策に取り組んでいるカーン・ロンドン市長の発言にツイッターでいちゃもんを付けた。これが意味をはき違えた的外れの批判だったため、英国ではトランプ氏に対する反感と嘲笑が巻き起こっている。

■因縁の不仲

 トランプ氏はロンドンのテロが起きた後、相次いでツイート。「われわれは賢く、用心深く、そして強くなければならない」と述べ、安全確保のため大統領が求めている「一部イスラム圏からの渡航禁止」の大統領令を裁判所が認めるよう要求した。

 トランプ氏は選挙期間中からイスラム教徒の入国禁止を主張してきており、ここまでは持論を展開しただけで、問題はなかった。しかしその後のツイッターはひどい思い込みによるものだった。

 同氏は「少なくとも7人が死亡し、48人も負傷しているのに、ロンドン市長が警戒する必要がないと言ってるなんて」とカーン市長に噛みついた。しかしこれは、とんでもない的外れの批判。

 市長の発言はBBCとのインタビューでのもの。市長はテロを「臆病で野蛮」と非難した後、テロの結果、「市内に警官や治安部隊が増強されるが、怖がることはない」と市民を安心させることを意図した発言だった。これをトランプ氏は「テロに警戒する必要はないと市長が発言した」と思い込んでツイートしてしまった。

 カーン氏のオフィスは声明を発表し「トランプ氏の故意に誤った情報に基づいたツイートに返答するより、もっとやるべき重要なことがある」と皮肉り、まともに相手にしないという大人の対応を見せた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)