懲りない気質?中国の3番手都市にまで広がる不動産ブーム

懲りない気質?中国の3番手都市にまで広がる不動産ブーム

安徽省の省都・合肥(iStock)

中国の大都市集中にも変化が現れ、中規模都市で不動産ブームが起きていると、5月20日付の英エコノミスト誌が報じています。要旨は以下の通りです。

 何年も不動産不況に見舞われた安徽省蕪湖市に変化が生じている。2016年以降、同市の不動産価格は30%以上も急騰した。供給過剰は消え、住宅不足が新たな懸念となった。

 こうした不動産市況の目覚ましい改善は中国各地の中規模都市で起きている。蕪湖は「三番手」と言われる60余の都市の一つで、この言葉はこれらの都市の政治的重要性や規模(中国の基準で中規模は人口100〜300万人)と共に、将来の展望に関する評価も指していた。専門家や投資家は巨大都市(北京、上海、深?、広州)や二番手の大都市については楽観的だったが、三番手の都市については、産業基盤等が弱体で人材の流出が続くとして評価が低かった。

 しかし、2015年に大都市で始まった不動産市場の反騰がこれらの都市にも波及し、昨年、三番手の都市の住宅価格は平均7%も上昇し、大都市の市場が冷え込む中、今年も活況が続いている。
 もっとも、三番手の都市の浮上には投機が大きな役割を果たしている。ここ2年の資本規制の強化で資金が国内に滞留した。しかも、政府が景気刺激策として住宅購入者への抵当貸し付けの拡大を公営銀行に要請したため、2015年の株の暴落後は住宅が最も魅力的な資産になった。そこで、大都市の価格が急騰すると、投資家の関心は中規模都市に向かった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)